ソフトバンク・千賀 五輪中断前の昇格見えた!30日前後に1軍合流テスト登板

[ 2021年6月25日 05:30 ]

ソフトバンク・千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの工藤監督が、23日のウエスタン・リーグ阪神戦で登板した千賀について「患部の経過もいいみたいです。しっかり踏み込みもできていたと。問題ないので次に向けて修正していくと聞いてます」と話した。

 千賀は4月に左足首のじん帯を損傷。負傷後の実戦3戦目となる次回登板は100球をめどに、30日前後を予定している。29日からのウエスタン・リーグ中日3連戦(ナゴヤ)が有力だが、月末にかけて接近が予想されている台風の進路によっては29日と30日にタマスタ筑後で行われる3軍戦も候補となる。どちらにするかは近日中に判断する見込みだ。1軍合流は、復帰3戦目の状態を見てからの判断になる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月25日のニュース