ロッテ・朗希 初対決ソフトバンク・柳田にやられたプロ初黒星 被弾&決勝点献上「いい経験」

[ 2021年6月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2-7ソフトバンク ( 2021年6月24日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>初回2死、柳田にソロ本塁打を浴びる佐々木朗(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 最速163キロの「令和の怪物」と、侍ジャパンの主砲が真っ向からぶつかった。ロッテ・佐々木朗希投手(19)がプロ4度目の先発も5回1/3を5安打3失点でプロ初黒星。ソフトバンク・柳田悠岐外野手(32)は初回に先制弾、6回は決勝打を放ったが、高卒2年目右腕は、序盤の直球勝負から2回以降は変化球を多めに投じて4回は内野ゴロに斬るなど成長の跡も。今後も名勝負を演じてくれそうだ。

 大きく左足を上げる投球フォームが持ち味の佐々木朗と、バットを頭上に大きく掲げる柳田が18・44メートルで相対する。この構図だけでもワクワクが止まらない。初対戦は初回2死。柳田が初球の153キロ直球を豪快に左中間席に運んだ。

 「日本を代表する打者と対戦できたことはとてもいい経験になりました」と佐々木朗は振り返る。スター選手にいきなり一発を浴びたが、冷静さは失わない。相手の「直球狙い」を察知し、初めてバッテリーを組んだ田村と配球に変化を加えた。初回は17球中、直球は12球だったが、2回は13球中で5球。2度目の対戦で柳田をフォークで二ゴロに打ち取った4回も10球中4球に抑えた。実際、ソフトバンクベンチは序盤は直球を狙っていた。的を絞らせずに好投を続け、5回を終えて勝利投手の権利を得た。

 プロは何度も対戦を重ねる。昨季のパ・リーグ最優秀選手である柳田が、やられたままでは終われない。佐々木朗の疲労も出てきた6回。同点とし、なお1死三塁で打席に入った。相手バッテリーが投じたのは5球連続フォーク。柳田は打席での心境を「(フォークを狙う)意識はないけど自分の打ち方がダメだったので、修正だけを考えていた」と振り返る。厳しいコースに決まったのは3球目だけ。直球をケアしつつ、ファウルで感覚が研ぎ澄まされていく。高めに浮いた5球目をコンパクトにミート。決勝打が中前で弾んだ。

 佐々木朗はプロ初黒星こそ喫したが最速154キロを記録。直球の割合も過去3試合は66%、65%、57%だったが、この日はさらに低下して54%だった。剛速球を生かすため、変化球の精度を上げることはシーズンを通しての課題。登板ごとに成長曲線を描いている。

 佐々木朗が「やっぱりフルスイングが印象的でした」と語れば、柳田も「どんどんどんどん良くなっていくんだろうなと。そういう印象です。スケールも」と称賛する。怪物の挑戦を、昨季MVPも真っ向から受け止めた。名勝負は続く。(伊藤 幸男)

 ▼ロッテ・井口監督(3連敗も力投した佐々木朗について)柳田の最後に失投したぐらいで、非常に良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月25日のニュース