ヤクルト石川 295試合連続先発のセ新記録も5回途中5失点で黒星

[ 2021年6月25日 21:00 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―7巨人 ( 2021年6月25日    神宮 )

<ヤ・巨>ヤクルト先発の石川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは巨人に1―7と完敗。チームの連勝が4で止まり3位に転落した。石川雅規投手(41)は4回2/3を5安打5失点で自身の連勝が3でストップ。295試合連続先発のセ・リーグ新記録を樹立した節目の一戦を飾れなかった。

 石川は2回2死一塁で2ボールから8番・大城に2ランを被弾。3回には連続四球を与えた直後に岡本和に甘く入った初球を3ランされた。高津監督は「紙一重のところでね、いろいろ工夫しながらやっているとは思うんだけれど、ホームランの打たれ方がよくなかった」と評した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月25日のニュース