中日の勝利を締めた「根尾ビーム」 左翼から本塁への好返球で二塁走者を刺してゲームセット

[ 2021年6月25日 22:09 ]

セ・リーグ   中日6ー3広島 ( 2021年6月25日    マツダ )

<広・中(9)>9回2死一、二塁、小園の左前打を本塁へ送球し、二走・松山を刺した根尾(左)はチームメイトの祝福にグータッチで応える           
Photo By スポニチ

 途中出場の中日・根尾昂内野手(21)が“レーザービーム”で試合を締めた。9回に代走で出場し、裏の守備で左翼のポジションに。6―3の9回2死一、二塁。小園の打球を素早く処理すると、本塁へワンバウンド送球し、二走・松山を本塁手前で楽々とアウトにした。

 6月2日ロッテ戦(バンテリンドーム)以来の左翼の守備だったが「しっかり刺せる準備はしていました」とコメント。打撃面では23打席連続無安打中で、同9日楽天戦(楽天生命パーク)からスタメンを外れているが、確実な仕事でチームの勝利に貢献した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月25日のニュース