阪神・佐藤輝が表した「悔しさ」と「激情」 9回好機で三振に倒れ、バットをたたきつける

[ 2021年6月25日 21:10 ]

セ・リーグ   阪神0ー3DeNA ( 2021年6月25日    甲子園 )

<神・D(10)> 9回1死三塁、阪神・佐藤輝は空振り三振に倒れる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 20号に王手をかけている阪神ドラフト1位・佐藤輝にとっては悔しい夜となった。3打席凡退で迎えた3点劣勢の9回1死三塁。DeNA守護神・三嶋の前に空振り三振を喫した大器は、自らへの怒りか、珍しくバットをたたきつけた。

 7回1死一塁ではエスコバーの156キロにバットは空を切り、3球三振。2試合連続無安打と味わった悔しさを糧に、即座に訪れる翌日のデーゲームでの雪辱を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月25日のニュース