大谷「リアル二刀流」衝撃弾に興奮!石橋貴明「凄!」上原氏「ゲームの世界」 「漫画かよ!」の声も

[ 2021年4月5日 10:12 ]

<エンゼルス・ホワイトソックス>エンゼエルス先発の大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は4日(日本時間5日)、本拠地アナハイムでのホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。投手として今季初登板し、投打同時出場の「リアル二刀流」を本格始動させた。

 今年のキャンプでリアル二刀流は2試合経験しているが、公式戦ではメジャー移籍後、初。初回の投球では最速161キロを記録するなどし無安打無失点に抑えた。

 一方、初回の第1打席で右中間に今季2号本塁打し、3試合連続安打をマークした。エンゼルスの投手の本塁打は、1972年のフライド・ライトが放って以来。

 大谷の活躍ぶりにネットは大興奮。大の野球好きで知られる、とんねるず・石橋貴明(59)は「うわ!凄!大谷さぁーん!」、お笑いタレント・東野幸治(53)は「大谷さん、先発で投げてホームラン!?」、元メジャーリーガーの上原浩治氏(45)は「エンゼルス…大谷選手 マジか…ゲームの世界やんかぁ 投げては100マイル、打ってはホームラン#大谷選手 #エンゼルス #いきなり #あり得ない #凄い」とツイート。他にも「大谷が伝説になった」「漫画の主人公かよ」「世界最高の野球選手」「大谷翔平のホームランキター!」と反響の声が相次いでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月5日のニュース