大谷翔平 「リアル二刀流」第1打席で先制本塁打!エ軍投手49年ぶりアーチ、118年ぶり「2番・投手」

[ 2021年4月5日 09:53 ]

ア・リーグ   エンゼルス―ホワイトソックス ( 2021年4月4日    アナハイム )

<エンゼルス・ホワイトソックス>初回1死から右中間に先制2号ソロを放ち、ナインに迎えられるエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は4日(日本時間5日)、本拠地アナハイムでのホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場。投手として今季初登板し、投打同時出場の「リアル二刀流」を本格始動させ、無失点に抑えた直後の初回に先制本塁打を放った。

 今年のキャンプでリアル二刀流は2試合経験しているが、公式戦ではメジャー移籍後、初。初回の投球は2死から四球を与えたものの無失点で、2回は最速162キロを記録するなどし2三振を奪って3者凡退。3回は先頭のハミルトンに左前打されて二盗を許したが後続を抑えた。

4回は2四球で2死一、二塁とされたが、ロバートを空振り三振に切って取った。

 打っては、初回の第1打席でホ軍の先発右腕・シーズの初球直球を完ぺきにとらえて右中間に先制の2号本塁打。エンゼルスの投手の本塁打は、1972年のクライド・ライトが放って以来49年ぶり。2回2死一塁からの第2打席は中直、4回2死一、三塁からの第3打席は遊ゴロだった。

 球団によると公式戦で「2番・投手」で先発して他の守備位置に就かなければ、1903年のジャック・ダンリービー(カージナルス)以来118年ぶりとなる。1973年にDH制が採用されたアメリカン・リーグの試合でエンゼルスの投手が投打同時出場するのは初めて。過去45年でア・リーグの投手が投打同時出場したのは2009年5月17日にタンパベイ・レイズのアンディ・ソナンステインがたったひとり果たしている。

 大谷は18年10月に右ひじ手術を受け、19年は打者に専念。昨年7月26日(同27日)のアスレチックス戦で2季ぶりに投手復帰したが、投手復帰2戦目となった同8月2日(同3日)のアストロズで右前腕部を痛め、その後は再び、打者に専念した。この日は245日ぶりの公式戦のマウンドで、勝利すれば18年5月20日(同21日)のレイズ戦以来、1050日ぶりの白星となる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月5日のニュース