関学大、立命大との接戦制す、1勝1敗のタイに ドラフト候補・黒原が救援しリード守り切る

[ 2021年4月5日 14:30 ]

関西学生野球リーグ第1節2回戦   関学大7―6立命大 ( 2021年4月5日    わかさスタジアム京都 )

<関学大・立命大> 8回から4番手で登板した関学大・黒原  (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 関学大が立命大との接戦を制し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。

 関学大は1点を追う5回、3長短打を集めて一挙4得点と優位に立った。直後に同点に追いつかれたが、8回にも代打・高波の2点二塁打などで3点を奪い、再び立命大を引き離した。

 8回からは今秋ドラフト候補に挙がる最速150キロ左腕の黒原が救援。

 100球以上を投げた開幕戦から中1日の登板で本調子ではなかったものの、2回2失点とリードを守り切った。

 黒原は「決め球を決めきれなかったので、そこがバタバタした要因かなと思います。投げる球自体はよかったと思いますが、コースが甘くなってしまったので」と冷静に反省点を挙げた上で、「リーグ戦は内容よりも結果。勝ててよかった」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月5日のニュース