中畑清氏 ソフトB「千賀の内角」幻影で狂った巨人・岡本 思い切りバットを振ってくれ!

[ 2020年11月25日 06:00 ]

SMBC日本シリーズ2020第3戦   巨人0―4ソフトバンク ( 2020年11月24日    ペイペイD )

<ソ・巨>初回2死二塁、ムーアの初球の内角球を見送る岡本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 【中畑清 シリーズ大分析1】巨人の奮起が期待された第3戦は、9回2死までノーヒットという屈辱的な3連敗を喫した。スポニチ本紙評論家の中畑清氏(66)は主砲の岡本が不振に陥った要因として、第1戦で受けた千賀の内角攻めに打撃を狂わされたと分析。4番打者は千賀の「幻影」に苦しんだと分析した。

 結果的には9回2死から1本出たけれど、こんな負け方は巨人にとって屈辱に変わりはない。投打に圧倒されて、完全なる力負けだよ。3連敗。逆に今日の第4戦は開き直れるんじゃないか。失うもの、怖いものは何もない。そんな気迫で4番打者にも思い切りバットを振ってほしいんだ。

 初安打はこの男が打つ。そんな願いを込めて打席を見つめていた。9回1死で4番・岡本。しかし外角の変化球を引っ掛けて三ゴロに倒れた。下半身がグッと粘ってこない。打席での迷い。徹底マークされる中で自分の打撃が崩されているように感じるね。第1戦の第1打席。初球、千賀に154キロの直球を内角に投げ込まれてバットをへし折られた。その「幻影」に苦しめられている。その後も内角攻めにあい、一転して第2戦は外角へ。ここまで10打数1安打と眠らされたままだ。

 初回2死二塁での第1打席も、初球の甘い直球にバットが出ない。崩されて、受け身になっていた。コロナ禍の影響で交流戦がなく、ムーアとは初対決。私も右打者だけど、一番嫌なタイプだよね。クロスファイア気味の直球を内角に投げ込まれ、カーブでタイミングを外される。そして外角にチェンジアップ。岡本は1打席目は力のある直球を3球連続で投げ込まれ、2打席目はカーブで空振り三振。シーズン中は左打者より右打者の方が対戦打率が低かったというムーアだが、そんなデータもうなずけるよ。

 3試合で計3得点。岡本はもちろん坂本、丸の奮起なくして現状は打開できない。空気を変えるひと振りが必要なんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月25日のニュース