巨人担当記者が見た3試合での力の差【打撃編】得点圏打率0割…好機で力負け

[ 2020年11月25日 05:45 ]

SMBS日本シリーズ2020第3戦   巨人0-4ソフトバンク ( 2020年11月24日    ペイペイD )

<巨・ソ(2)>初回、ムーアの投球練習に合わせてタイミングをとる巨人ナイン
Photo By スポニチ

 巨人とソフトバンクの差はどこにあるのか。シリーズ3試合を現地で取材した巨人の担当記者3人が、「投手」、「打撃」、「走塁」の3部門それぞれを分析した。

 【打撃】巨人の3試合の全3得点はウィーラーの犠飛と2ランで得点圏打率は14打数無安打の・000。対するソフトバンクは・357だ。レギュラーシーズンの得点圏打率は岡本がリーグ3位の・347、坂本が同4位の・337だが、2人が得点圏で打席が回ったのは3戦で各1度だけ。少ない好機を生かせていない。

 千賀、石川、ムーアの先発3投手にリリーフのモイネロや森の直球の最速は150キロ超え。巨人打線はその球威に対応できていない。この試合で前に飛んだ21球のうち、外野まで届いたのは、丸の安打を除けば3球しかなかった。

 甘い球でも押し込まれてファウルになってしまう。苦しいカウントに追い込まれ、ボール球になる変化球にも手が出てしまう。負のスパイラルにはまってしまっている。(青森 正宣)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月25日のニュース