阪神育成1位の岩田が仮契約 変則投法の原点は

[ 2020年11月17日 14:30 ]

阪神育成1位・岩田将貴投手
Photo By スポニチ

 阪神から育成ドラフト1位で指名された岩田将貴投手(22=九産大)が17日、福岡市内のホテルで交渉に臨み、支度金200万円、年俸300万円(金額はすべて推定)で仮契約した。

 「左バッターを絶対に抑えるというところが長所でアピールポイントです。プロ野球のレベルに少しでも近づいていければ」

 阪神では今年度のドラフトでただ1人の育成指名を受けた変則サイド左腕は、中学時代に「NOMOジャパン」に選ばれ、野茂英雄氏のトルネードに影響されて体をひねるようになったという。「自分1人が育成なので、これ以上下がることはない。上だけを見て頑張っていきたい。ファンの方が熱いので、活躍すれば応援してもらえる。阪神タイガースで有名になることが目標です」。他の選手が持っていないユニークな特長で勝負をかける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月17日のニュース