新庄剛志氏 突然のメールで離婚切り出す 元妻の返事は「は?意味分かんない」

[ 2020年4月16日 21:33 ]

新庄剛志氏
Photo By スポニチ

 阪神、日本ハム、大リーグで活躍した新庄剛志氏(48)が16日放送のフジテレビ「直撃!シンソウ坂上SP」(後7・57)にVTR出演。2007年に離婚した元妻のタレント・大河内志保(48)について語った。

 昨年11月、突然プロ野球復帰宣言をして話題を集めた新庄氏。現在交際する彼女はいないといい、「野球選手になるって決めて(別れた)」と、あっけらかんと語った。

 大河内とは7年の交際を実らせ2000年に結婚するも、07年に離婚した。「すごいワガママを聞いてくれたし自由にさせてくれたし」と元妻に感謝の言葉を述べた。

 離婚を決意したのは、自身が07年にインドネシア・バリ島に移住したことが、関係していた。新庄氏は「CMの撮影でバリに来て、夜中にビーチに行って大の字になっていたら、3カップルがいて。でもバレるわけない、外国人だから。それで、バリいいかもって」と、1人での移住を決意。大河内さんに離婚を切り出したそうで、「バリに来ました、メールで離婚しようって言いました」。

 バリ島で自由に暮らしたいと、たった1通のメールで離婚の意思を告げると、大河内さんは「は?意味分かんない」と返答。新庄氏は「俺も意味わからないけどとにかく離婚したい」と譲らず、最後は大河内が「そういう人だから仕方がない」と折れて、離婚したという。

 番組MCの坂上忍(52)は「普通だったら訴えられますよ」とコメント。新庄氏は「僕の性格を知っているからそれでいいんですよ」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月16日のニュース