巨人・ディプラン支配下登録 原監督も期待「貴重な外国人の先発投手」

[ 2020年3月31日 14:49 ]

巨人のディプラン
Photo By スポニチ

 巨人の育成新外国人、ナティーノ・ディプラン投手(26)が支配下登録されることが31日、決まった。原辰徳監督(61)がファームが全体練習を行うジャイアンツ球場を訪れ、「まだまだ伸びしろがある。67番目の支配下選手ということで決定しました。貴重な外国人の先発投手の役割」と明かした。

 ディプランはドミニカ共和国で実施したトライアウトを受験し、生視察した阿部2軍監督の前で合格を勝ち取った右の剛腕。初年度26歳以上の育成選手は3月末までしか支配下登録できないため、この日が期限だった。

 首脳陣が最終テストとして視察した28日の2軍対3軍の紅白戦では、3軍の先発で5回7安打2失点。原監督は「31日の期限ギリギリにもう一度話して決めようということになった」と、結論は持ち越しとなっていた。

 ◇ナティーノ・ディプラン 1993年12月30日生まれ、ドミニカ共和国出身の26歳。昨季は米ブルワーズ傘下2Aでプレー。2A通算で29試合、1勝1敗0セーブ、防御率4・28。背番号は024。推定年俸260万円。1メートル90、81キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月31日のニュース