ヤクルト、時差練習プラン浮上 選手の密集を極力避けながら行う案も

[ 2020年3月31日 05:30 ]

 ヤクルトは時差練習プランが浮上した。

 31日に4日ぶりに集合し、4月1日以降のスケジュールを球団と首脳陣で話し合う予定。球団幹部は練習を続ける場合に「野手は午前、投手は午後にして、昼食や風呂の時間もずらすとか」と選手の密集を極力、避けながら行う案も考えている。調整していた9日までの練習試合も行わないことが決定した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月31日のニュース