ソフトB チームの活動を31日から休止「感染拡大の防止が最優先すべきということ」

[ 2020年3月31日 05:30 ]

工藤監督(左)と話す王会長(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは3月30日、チームの活動を31日から休止すると発表した。期間は無期限で4月3日に予定されている12球団代表者会議で今後の見通しが決まり次第、練習再開の時期を決める。

 三笠杉彦GMは「明日(31日)から活動を休止します。対象は全ての方。(再開時期は)3日の方向性を見て再度検討します」と説明。4月3日まではペイペイドーム、タマスタ筑後とも施設が閉鎖される。

 同GMは休止の決断について「福岡でも感染が拡大しているし、阪神さんで(3選手が)陽性が出たこともある。感染拡大の防止が最優先すべきということ」と話した。この日、ペイペイドームでの全体練習後、報道陣に対応した工藤監督は「これ以上感染を広げないために球団の方も考えてくれたこと。致し方ない」と複雑な表情を見せた。

 休止中は球団施設での自主練習も禁止とし、不要不急の外出の禁止も決めた。最短で4月4日以降からの練習再開となるが、3日までの4日間について、工藤監督は「トレーナー、コンディショニング(担当)に任せている。家でできることを考えてやっていく」と、自宅で行えるメニューを選手たちに通達するとした。

 バットなどを持ち帰ったベテラン・内川は「自分たちのできる範囲の中でやっていくしかない」。和田も「全員が無事でペイペイドームで野球ができる日が来ることが大事」と前を向いた。(川島 毅洋)

 ▼ソフトバンク・王貞治会長 (チーム活動休止に)選手たちの健康が一番大事。皆さんの健康にも関わってくる。大事を取らないといけない。大事を取り過ぎたと言われるくらいでちょうどいい。生まれてから一度もそういうことを味わったことがない。こんなに広まると思っていなかった。こうなった以上、できる範囲の防御策を取るべき。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月31日のニュース