広島・大瀬良 “マエケン直伝”のシュートに挑戦中「苦しくなったときの引き出しになればいい」

[ 2020年3月31日 05:30 ]

練習に参加する大瀬良
Photo By スポニチ

 広島の大瀬良は“マエケン直伝”のシュートに挑戦していることを明かした。

 昨季は交流戦期間に多投するも、「直球もシュートしてしまった」と完全習得を断念していた。3月上旬に元同僚の前田(ツインズ)に相談して握りを改良。開幕延期で試投の機会に恵まれ、「曲げようとすると体が開いてしまうので直球のように投げたい。僕の投げ方は見つけられたかな…と思う。いまは必要ないけど、苦しくなったときの引き出しになればいい」と手応えを示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月31日のニュース