「アイーン」のラミレス監督 志村さんに「感謝」 東村山市出身のオコエ「とても悲しい」

[ 2020年3月31日 05:30 ]

志村けん死去

現役だった01年から「アイーン」パフォを使用していたラミレス
Photo By スポニチ

 ヤクルトで現役だった01年からパフォーマンスに「アイーン」を使用していたDeNA・ラミレス監督は30日、志村けんさんの訃報に触れ「突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。長年にわたり“アイーン”のパフォーマンスを使用させていただき感謝しております。心からご冥福をお祈り申し上げます」とコメントした。

 志村さんと同じ東京都東村山市出身の楽天・オコエは自身のツイッターで「本当に速報が流れてきた時は言葉が出なかった…東村山で生まれ、小さい頃からもちろん影響を受けて育ってきた。それだけにとても悲しいです…これを機に改めてコロナには気をつけなければいけないと思った。ご冥福をお祈りします」とつづった。

 ▼ソフトバンク王貞治球団会長 ショックですね。頑張ってこられて、我々と一緒に歩んでこられた方。志村さんに申し訳ないが、コロナのことを今まで甘く考えていた人たちが、身近なこととして受け止めてくれたら。深刻に受け止めていない人たちがまだいる。気をつけてほしい。

 ▼鈴木大地スポーツ庁長官 若い時の憧れの方。びっくりした。みんな事の重大さに気づいたのではないか。まずいぞと。身をもって教えていただいたような感じ。みんな目が覚めたのではないか。東村山音頭とか、忘れようにも忘れられない。

 ▼桐生祥秀(陸上)志村けんさんを数年前、嫁と町でお見かけし、小さい頃からバカ殿様を見ていたので声をかけさせていただきました。その時に嫁も握手をしていただき多分、自分に気付いておられなかったと思うので、いつかテレビで共演させていただいた時にお礼を伝えたかったです。

 ▼奥原希望(バドミントン)自分は無症状だから大丈夫ではなく、菌を持っているかもしれないという自分を疑う心!を私たちの世代も含め一人一人が自覚しなければならない。志村さんご冥福をお祈り申し上げます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月31日のニュース