ロッテ守護神・益田 国内FA権行使せず 井口監督への感謝で残留決断

[ 2019年10月30日 05:31 ]

ロッテ・益田
Photo By スポニチ

 今季、取得した国内FA権の行使を検討していたロッテの守護神・益田直也投手(30)が権利を行使せず残留することが29日、分かった。一両日中に表明する。抑えを任された今季60試合4勝5敗27セーブ、防御率2・15。シーズン後には「じっくり考える」と権利行使の可能性を語っていた。

 8年間で7度、50試合以上登板したタフネス右腕が宣言すれば複数球団が獲得に乗りだす可能性もあった。ただ、17年に不調で2軍落ちした際、親身に相談に乗ってくれた井口監督に対する感謝や、チームへの愛着も強く、残留することを決断したようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月30日のニュース