拓大 東都2部V!内田監督「まだやり残したことがある」駒大と1・2部入替戦へ

[ 2019年10月30日 17:50 ]

東都大学野球・2部リーグ第7週   拓大5―0日大 ( 2019年10月30日    上尾市民 )

2部を制した拓大ナイン
Photo By スポニチ

 拓大が混戦の2部を制した。第1試合で8勝の青学大が専大に敗れ勝ち点3で全日程終了。第2試合で拓大が快勝し、勝ち点4で優勝を決めた。11月9・10日、神宮で1部最下位・駒大と1・2部入替戦に臨む。

 「まだやり残したことがある。ただ4年生と野球を出来るのが10日ほど長引いた。入れ込まないないようにしないとね」。72歳の内田俊雄監督は泰然自若としていた。

 「ずっと神宮球場でプレーすることが夢だった。自分たちは思い切ってやるだけ。気負う必要はありません」佐々木翼主将も無欲を強調した。

 亜大監督時代からプロ・アマ球界に数多くの人材を送り出した。中日・与田剛監督(53)、ヤクルト・高津臣吾監督(51)も育て上げた。「そういえば高津から“何も分からないけど一生懸命やるだけです”と電話があったな」。教え子の声を懐かしみつつ、15年春以来の1部復帰を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月30日のニュース