ソフトB 塚田に戦力外通告 日本シリーズでは右の代打要員 堀内も

[ 2019年10月25日 05:30 ]

戦力外通告を受けたソフトバンクの塚田
Photo By スポニチ

 戦力外の第2次通告期間は24日、最終日を迎えた。ソフトバンクは塚田正義外野手(30)、堀内汰門捕手(23)と来季の契約を結ばないことを発表した。日本シリーズで右の代打要員として40人枠に入っていた塚田は現役続行を希望。育成出身の堀内も現役続行を希望している。

 また、日本ハムは高山優希投手(21)と高浜祐仁内野手(23)と来季契約を結ばないことを通達。両選手には育成契約を打診したもようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年10月25日のニュース