侍ジャパンのセットアッパー由伸、必殺フォーク冴える

[ 2019年10月25日 18:44 ]

侍ジャパン強化合宿 第1次宮崎合宿・練習試合   日本代表7―0日本ハム2軍 ( 2019年10月25日    サンマリンスタジアム宮崎 )

<侍ジャパン宮崎合宿4日目 侍ジャパン・日本ハム>侍ジャパン・2番手の山本(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本代表の5、6回(7イニング制)は稲葉篤紀監督(47)からセットアッパーに指名された山本由伸投手(21)が打者7人を1安打無失点。6回1死では今季公式戦76試合に出場した石井一成内野手(25)をフォークで空振り三振に仕留めた。

 「フォークを投げたかったので何度か(会沢捕手の)サインに首を振った。空振りを取れる球なので今後、精度を上げていきたい」と意欲的だった。
 直球もこの日最速152キロなど常時150キロ台をマークした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年10月25日のニュース