日本ハム育成ドラフト1位、福岡大・宮田 吉田と同じ「輝星」に「縁があったんだな、と思います」

[ 2019年10月25日 21:49 ]

日本ハムの育成ドラフト1位の宮田は、栗山監督からの直筆メッセージが記されたIDカードを手に決意表明
Photo By スポニチ

 日本ハム育成ドラフト1位、福岡大の宮田輝星(みやた・ほくと=21)外野手が25日、福岡市内の同校で指名あいさつを受けた。「非常にうれしい。2年以内に支配下になり、3年で活躍でなければあきらめる」と決意表明した。

 50メートル走5秒台の足と肩が武器。日本ハムの林孝哉スカウトも「足と肩はプロで通用すると確信している。まずは支配下に」と期待した。同スカウトからは栗山監督がドラフト会議当日につけていたIDカードを受け取った。そこには栗山監督のサインとともに、「共に天下を」の文字。宮田は「応えたいです」と気持ちを新たにした。

 昨年のドラフト1位吉田と「輝星」は同じだが、宮田は「ほくと」と読む。「縁があったんだな、と思います」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月25日のニュース