清宮“王の道”1軍継続 28打席無安打も栗山監督「苦労しなければいけない」

[ 2019年7月19日 05:30 ]

福岡空港から札幌行きの飛行機に乗り込む日本ハム・清宮
Photo By スポニチ

 世界の王の道で清宮を育てる。首位ソフトバンクに3連勝で4ゲーム差とした日本ハムの栗山監督は28打席連続無安打19三振の清宮を、19日のロッテ戦でも1軍に同行させることを明かした。

 尊敬する水原茂氏が巨人監督時代に高卒1年目の王貞治(現ソフトバンク球団会長)が開幕から26打席連続無安打でも起用し続けたことを例に挙げ「世界の王さんが打てない中で経験をしたのも事実。そう簡単に人は育たないと思っている」と力説。「苦労しなければいけない時はある。その苦労をどこで与えるか」と前夜も熟考し、1軍同行を決めた。清宮も「この時期を生かすのも自分次第」と意欲。「三振王」とヤジられながら結果を出した早実の先輩の道を続く。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月19日のニュース