西武・中村 延長11回サヨナラアーチで史上20人目通算400号!

[ 2019年7月19日 22:05 ]

パ・リーグ   西武5―4オリックス ( 2019年7月19日    メットライフドーム )

<西・オ>11回1死、サヨナラ本塁打を放った中村は通算400号のボードを掲げる(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 西武・中村剛也内野手(35)が19日にメットライフドームで行われたオリックス戦で延長11回に今季15号となるサヨナラアーチを放ち、史上20人目となる通算400号本塁打を達成した。

 中村は「6番・三塁」で先発出場。4―4で迎えた延長11回1死走者なしで、5番手の増井が投じた4球目をライトスタンドに運び、通算400号を達成。うれしいサヨナラ本塁打となった。

 中村はプロ入り18年目。初ホームランは、2004年7月24日の対近鉄戦(西武ドーム)で7回に山村から放っていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月19日のニュース