DeNA・ラミレス監督 先発・平良の投球「期待以上」初回のロペスの3ラン「大きかった」

[ 2019年7月19日 23:01 ]

セ・リーグ   DeNA3―2中日 ( 2019年7月19日    横浜 )

<D・中>ビクトリーポーズのラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日の連勝を8で止め、ラミレス監督は「相手は8連勝をしていて、柳も10勝目がかかっていた。手強いシチュエーションだった」。1点差で逃げ切っての勝利にホッとした様子だった。

 初回に3点を奪ったが、2回以降はゼロ行進。「柳はセ・リーグでもベストの投手の一人。点が取れるとしたら初回だけ。(ロペスの)3ランで点が取れたのが大きかった」

 そのリードを守ったのが先発・平良。6回3安打無失点の好投に「期待以上の投球だった」とラミレス監督は喜び、「今年はずっと安定している。ローテーションに入れるレベルの投球を、投げるたびに証明してくれている」と話した。
 

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月19日のニュース