内海、西武でフル回転の誓い!今季目標は2桁勝利&規定投球回到達

[ 2019年1月16日 20:53 ]

キャッチボールを行う西武・内海
Photo By スポニチ

 西武の内海哲也(36)が、鹿児島県奄美大島にある児童養護施設「カリタスの園 白百合の寮」を訪問し、4月から新小学1年生になる子どもたちにランドセルをプレゼントする贈呈式を行った。

 内海は2009年1月に「内海哲也ランドセル基金」を設立。奪三振数や投球イニング数といったシーズン中の自身の成績に応じた数のランドセルを、様々な事情で親元を離れて暮らす児童養護施設の児童に毎年寄贈していた。今年は昨シーズンの投球回数82にちなみ82個のランドセルを寄贈し、「1イニング1イニングの積み重ねがランドセルの寄贈にもつながって、2つの良いことが起こるので、とにかく1軍で投げたいです」と抱負を語った。

 贈呈式前には、内海と合同自主トレを行っている巨人の今村、大江も参加。子どもたちとキャッチボールなどをして交流し、「みんな上手でレベルが高いなと思いました」とはにかんだ。子どもたちとの交流を終えた内海は、「出来れば2桁勝利、そしてここ数年は規定投球回に達してないのでその数を目指します。最低でも3桁は行きたいです!」と今季のフル回転を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月16日のニュース