日本ハム・輝星、金子に弟子入り志願!新球チェンジアップ習得目指す

[ 2019年1月16日 18:59 ]

キャッチボールする吉田輝(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田輝星投手(18=金足農)が16日、千葉県鎌ケ谷市で行われた新人合同自主トレに参加。本格的に、チェンジアップの習得に取り組んでいることを明かした。

 「直球が得意なので、直球と同じ軌道で球速だけ違う球を覚えたくて」と練習してきた同球種。しかし、「チェンジアップは握りが人それぞれで、投げ方も人それぞれなので、(自分の投げ方を見つけるのに)時間がかかった」とモノにはできていなかった。それが、「この冬には自分に合った握りや投げ方が見つかった」と手応えを掴み始めている。

 参考にしたい投手には、「金子弌大さん」とオリックスから移籍した球界を代表する使い手を挙げ、教えを受けたい考え。現在は主にドラフト5位の柿木蓮投手(18=大阪桐蔭)とのキャッチボール中に練習し、「あいつがびっくりするくらいのチェンジアップになってからブルペンでも投げたい」と意気込んだ。

 ただ、柿木によれば「全然まだまだ」とのこと。完全習得にはもう少し時間がかかりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月16日のニュース