PR:

立大・川端健 4回零封初陣初勝利 昨夏U18主力左腕「甲子園と違う緊張感」

東京六大学野球第1週最終日   立大4―2早大 ( 2018年4月15日    神宮 )

<早大・立大>神宮デビュー戦で力投する立大の2番手・川端健
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われ、立大は4―2で早大に連勝し、勝ち点を奪取。秀岳館(熊本)出身で昨夏のU―18W杯で日本代表の主戦だった川端健斗投手(1年)が2番手でリーグ戦デビューし、4回無失点で初勝利を挙げた。慶大も東大に連勝し、勝ち点を挙げた。

 同点の4回。川端健の名前がコールされると、神宮球場のネット裏から大きな拍手が起きた。秀岳館で4度甲子園に出場した左腕は緊迫した場面でのデビュー戦だったが、右手を高く上げる独特のフォームから、最速145キロを計測。4回を1安打無失点、5三振を奪った。打線が勝ち越し、初勝利を挙げて「甲子園とは違う緊張感。勝てると思ってなかった。先輩のおかげです」と、はにかんだ。

 昨夏のU―18W杯に早実・清宮(現日本ハム)らと出場。プロ志望届を提出すれば指名確実だったが「4年間しっかり練習して上位指名される選手になりたい」と進学を選択した。秀岳館時代の監督だった鍛治舎巧氏(現県岐阜商監督)からは「1年からエースを取る気で頑張れ」とエールを送られたといい「六大学を代表する選手が目標」と誓った。2季ぶりの優勝へ開幕カードで連勝と好発進。溝口智成監督は「大きく育てたい」とエース候補として期待した。 (松井 いつき)

[ 2018年4月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム