【隠しマイク】「おい、偽物!」ファンも松坂と間違えた人物は…

[ 2018年4月16日 10:00 ]

<ソ・ロ>初回2死一、三塁、鈴木の適時三塁打で生還した一塁走者・井上(左)を出迎える井口監督
Photo By スポニチ

 ◎中日・武山は高島打撃投手に「おい、偽物!」と一言。松坂と背格好が似ているため、ファンに間違えて声を掛けられていました。

 ◎巨人・入野久彦用具係は、ストッパーがないため自然と閉まってしまう東京ドーム内の扉をチェックしながら「今は、自動ドアになってます」。

 ◎川端1軍チーフアスレチックトレーナーと並んで歩いていたヤクルトの田畑投手コーチはスポニチ本紙記者に腕を見せて「いいでしょ!これ!」。ブルーの時計が2人ともおそろいで、よくお似合いでした。

 ◎ロッテ・井上はベンチでサングラスをかけたこわもての担当記者の近くを通る際、両膝に手をついて「失礼します」。怖い職業の人ではないですよ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月16日のニュース