PR:

慶大1年正木 リーグ戦初安打「僕も打ってやろうと」

東京六大学野球第1週最終日   慶大5―1東大 ( 2018年4月15日    神宮 )

<慶大・東大>8回1死二塁、代打で左中間フェンス直撃の適時二塁打を放つ慶大・正木
Photo By スポニチ

 慶大1年生の正木が4―1の8回に代打で出場し、左中間フェンス直撃のダメ押しの適時二塁打。デビュー2戦目でリーグ戦初安打をマークし「ちょっと先だったけれど、よく飛んでくれた」と振り返った。

 前日は死球。同期の福井や橋本典が先に初安打を放っており、慶応時代に高校通算50本塁打を放った右のスラッガーは「僕も打ってやろうと。1本出てうれしかった」と喜んだ。

[ 2018年4月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム