PR:

DeNA京山球団初デビュー3戦3勝 筒香も舌巻く「いつも堂々としている」

セ・リーグ   DeNA6―1中日 ( 2018年4月15日    横浜 )

<D・中>決勝打の宮崎(左)の「5」と先発勝利の京山が「3」で8連勝のポーズ
Photo By スポニチ

 DeNAが17年ぶりの8連勝と勢いが止まらない。京山将弥投手(19)が15日、中日戦に先発し5回2/3を3安打1失点の好投で、デビューから球団初の3戦3勝を飾った。打線も8試合連続となる先制点を挙げ、ここまで日曜日登板が続いている高卒2年目右腕を援護。投打がしっかりとかみ合い、セ・リーグの首位を守った。

 ピンチで力を発揮する。凄い若手が出てきた。4回1死一、二塁の場面で、京山は平田を144キロの外角直球で右飛。高橋は122キロのチェンジアップで空振り三振に仕留め、ガッツポーズを見せた。「7連勝を自分で止めたらアカンと思った」と重圧を力に変えた。

 3―0の6回2死まで中日打線を「0」に抑え続けた。最後はここまで唯一の2安打を許していたアルモンテに「それまで詰まらせていたから」と、4球連続の直球勝負を挑んで右翼席にソロを浴びた。2年目右腕は「いけるかな、と思ったけど打たれた」と苦笑い。5回2/3を3安打1失点。6回の壁は越えられなかったが、球団新を更新するデビューからの3戦3勝。偉業を支えたのは、この日も1四球の制球力だ。3試合16回1/3で与四球4と抜群の安定感は高校時代に培った。

 滋賀・近江で「三角」と呼ばれる伝統ランニングメニュー。ホームベースから左右のポールを結ぶ三角のラインを1分以内に走り切る。これを2日に1度のペースで9周する。下半身は鍛えられ、「自然とコントロールが身に付いた」と振り返る。

 もう一つはマウンド度胸だ。先発候補としては9〜10番手だったが今永、浜口、ウィーランドの3本柱の故障で回ってきた舞台で実力を発揮。主将の筒香が「いつも堂々としている」と舌を巻くほどの強心臓ぶりで、3勝&防御率1・10はリーグトップに躍り出た。

 ラミレス監督も「セルフコントロールが優れ、どんな場面でもパニックにならない」と評し、3ボールからでも抑える投球術を称えた。ポーカーフェースを貫いて01年7月15日から8月2日に9連勝して以来、17年ぶりの8連勝に貢献した京山だが「ユーチューブで大好きな(お笑いコンビ)千鳥の動画を見ているときは一人で大笑いしていますよ」と反論。このときだけは19歳の素顔をのぞかせた。 (君島 圭介)

 《4月中は球団初》DeNAが01年7〜8月以来17年ぶりの8連勝。4月中の7連勝は大洋時代の78年にあったが8連勝はチーム初めて。また、連勝期間中は8戦全て先制。球団創設1年目の50年10月にマークしたオール先制の7連勝を68年ぶりに抜く最多記録になった。先発の京山は初登板から3戦3勝。プロ初登板から3戦3勝は15年高木勇(巨)以来。チームでは2戦2勝もおらず、3戦3勝はもちろん京山が初めてだ。今季の登板は全て日曜日だが、チームが開幕週から日曜日に3連勝以上は10年以来8年ぶり。開幕週を含め日曜無傷3連勝は96年斎藤隆(4試合)以来22年ぶりだが、3戦3勝は京山が球団史上初。 試合結果

[ 2018年4月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:04月23日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム