PR:

柳田どん逆転サヨナラ弾 9回ドラマ!薩摩8連勝でごわす

パ・リーグ   ソフトバンク7―6ロッテ ( 2018年4月15日    鹿児島 )

<ソ・ロ>9回1死二塁、サヨナラ2ランを放ち天を指さす柳田
Photo By スポニチ

 大河ドラマ「西郷どん」の主人公のように、ソフトバンク・柳田は武士のようなコメントで鹿児島のファンを沸かせた。

 「打率が低いし、絶対僕で勝負してくると思って腹をくくって打席に行きました。めっちゃ興奮しました」

 1点を追う9回1死二塁。一塁が空いていたが、予感は的中した。1ボールから2球目、内の直球を振り抜く。フォロースルーでバットが背中に当たるほどのスイングで、バックスクリーン左へ運んだ。自身3年ぶり4度目の劇弾。「バックスクリーンを狙っていった」と一番ポーズでベースを一周した。

 春季キャンプ中の野球教室。野球少年から打撃のアドバイスを求められると「フォロースルーが格好良くなれば、スイングは良くなる」と返した。868本塁打を放った王貞治球団会長も「僕もフォロースルーは大事にしていた。球を捉える前と後の力の配分は3対7くらいで振っていた」と口にする。

 フルスイングが身上だが、今季1号を放った12日の日本ハム戦前の打撃練習ではバスターからスイングを繰り返した。バットの軌道を修正しようともがいていたが、2試合連発に手応えをつかんだ。

 同点の9回にサファテが勝ち越し点を許したが、今季初の逆転サヨナラ勝ち。鹿児島ではダイエー時代の95年から8連勝を飾り、工藤監督は「よく打ってくれた」とヒーローを称えた。今季初の3連勝で貯金を2とし、2位に浮上。「勢いをつけられるように引き締めてやりたい」。柳田はホームランボールを拾ったファンに、サインを書いてから鹿児島を後にした。(川島 毅洋) 試合結果

[ 2018年4月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月21日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム