巨人・篠原、1020万円増 1軍登板果たすも「負けてマウンドが怖い時期も」

[ 2017年11月30日 12:55 ]

座右の銘を書き、来季の活躍を誓う巨人・篠原
Photo By スポニチ

 巨人・篠原が東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1020万円アップの1440万円で更改した。

 今季は育成選手から支配下選手に昇格。23試合で1勝1敗、防御率3・62の成績を残し「1軍で投げることを目標にしてきて、まずはそれがかなってうれしかったが、一回負けを経験してマウンドに上がるのが怖い時期もあった。両方を経験できたことはプラス。来年は勝ち試合や同点の場面で使ってもらえるように。40試合以上は投げたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月30日のニュース