PR:

誠也“真の4番”へ決意「そこで活躍するのが一番の恩返し」

来季の契約を終え、笑顔で会見に臨む広島・鈴木
Photo By スポニチ

 広島の鈴木誠也外野手(23)が29日、広島市南区の球団事務所で来季の契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸9000万円(金額は推定)でサインした。今季は右足首骨折で終盤に離脱したものの、115試合で打率・300、26本塁打、90打点をマークし、リーグ連覇に貢献した。完全復活を目指す来季、4番としてフル回転を誓った。

 交渉時間30分。えんじ色のネクタイをキリッと締めて会見場に姿をみせた鈴木は、球団提示額への質問に笑って「わからない。計算できません」とはぐらかした。年俸1億円の大台には届かなかった模様。それでも表情は晴れ晴れとしていた。

 「球団の話を聞けたのはよかった。評価してもらい、必要とされるのはありがたい。早く野球ができる体に戻したい。(年俸は)頑張れば上がると思う」

 5年目で初めて座った4番。打点王を獲るペースで突っ走っていたが、8月23日のDeNA戦で右足内くるぶしを骨折、無念の離脱を強いられた。にもかかわらず、ベストナインとゴールデングラブ賞を2年連続で受賞。23歳の才能だった。

 「ケガをして、いろんなことを感じた。野球をやっていることは当たり前じゃない。歩ける。それだけでもありがたいと思う」

 目標数字として「リアルに打率10割、200本塁打、1000打点」とぶち上げた昨年の契約更改から1年。改めて来季目標を問われると苦笑し、「数字はわからない。どこかで調子に乗っていたから、野球の神様は私にケガを与えられたと思う」と神妙に答えた。

 それでも、4番の大役を再び担う意欲は強い。交渉役の鈴木清明球団本部長も「“ここで打ってほしい”という場面で打つのが4番。そういう存在になってほしい」と要望。松山や新井、助っ人勢らライバルはいるが、鈴木は声援を送ってくれるファンに目を向ける。

 「(復帰を)待ってくれている人がいる。そこ(4番)で活躍するのが一番の恩返し。最もマークが厳しいポジションだし、自分自身も成長できる。来季はフルで戦いたい」

 患部の状態は「私生活は問題ないレベル」に戻った。1日からのハワイV旅行には同行せず、はやる気持ちを抑えながらトレーニングに励む意向だ。リーグ3連覇と悲願の日本一へ、若き主砲の存在は不可欠。完全復活の日が待ち遠しい。 (江尾 卓也)

[ 2017年11月30日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月20日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム