マー君 来季こそ頂点「Wシリーズ制覇への距離は縮まった」

[ 2017年11月30日 14:53 ]

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が30日、仙台市の古巣プロ野球楽天の球団事務所にあいさつに訪れ、ア・リーグ優勝決定シリーズまで進出した今季について「ワールドシリーズ制覇への距離は縮まった。自分もいい形が最後に出たので、来季は年間を通してコンスタントにできるようにしたい」と語った。

 ポスティングシステムでのメジャー挑戦を目指す日本ハムの大谷翔平選手にも言及。ヤンキースは移籍先の有力候補の一つに挙げられているが「周りが言っているだけでコメントは難しい。僕もどこに行くのかな、と思って見ているだけ」と慎重な口ぶりだった。

 自身が移籍した際にはヤンキース入り決定が1月下旬になった。大谷は年内に決まる。「全然スケジュールが違うのは良かったんじゃないか。どうなるんだろうという期間は長くない方がいい」と思いやった。(共同)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月30日のニュース