楽天・岸、3億円でサイン 4年契約2年目 開幕投手に意欲

[ 2017年11月30日 05:30 ]

契約更改を終えて会見を行う楽天・岸
Photo By スポニチ

 楽天・岸が仙台市内の球団事務所で契約更改に臨み、4年契約の2年目となる来季は7500万円増の年俸3億円でサイン。移籍後初の開幕投手にも意欲を示した。「先発投手としてはそこは目指してやっていきたい。まあ、風邪をひかないように」。FA移籍1年目、WBCに出場したエース則本に代わって、開幕投手に指名されたが直前にインフルエンザで回避し、美馬が代役を務めた。

 前半戦8勝も8月以降は未勝利。8勝10敗に終わったが、防御率2・76はリーグ5位で「後半戦勝てなくて凄く悔しい思いはしていたけど、トータルでは充実した良い一年だった」と振り返った。来季も則本とともに先発の軸として期待される右腕は「一年間、ローテーションを守っていたら数字もついてくると思う」と表情を引き締めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月30日のニュース