ロッテ鈴木サヨナラ打 井口の花道飾る「いつかまた一緒に」

[ 2017年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―3日本ハム ( 2017年9月24日    ZOZOマリン )

<ロ・日25>12回1死二、三塁、鈴木の右前打でサヨナラ勝ちしナインから水をかけられる井口(中央)
Photo By スポニチ

 ロッテ主将の鈴木が引退する大先輩にささげるサヨナラ打だ。3―3の延長12回1死一、三塁、6打席目で出たこの日初安打が試合を決める右前適時打。

 「自分で打ったことより井口さんのホームランの方が興奮した。反則と思うくらいかっこよすぎる。ひとりの野球人として一緒にプレーできたことが誇り」と笑顔。「(チームとしても)このまま終わってはいけない。いつになるかわからないけど、また一緒に野球がしたい」と続けた。

 ▼ロッテ涌井(通算1500奪三振達成も6回途中に左ふくらはぎのけいれんで降板)今日は井口さんのために絶対勝たないといけない試合。ああいう形でマウンドを降りて申し訳ないが、勝ってよかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月25日のニュース