NPB 1955万円超を被災地に寄付 日本ハム・大谷のユニは166万円

[ 2017年9月25日 18:25 ]

 日本野球機構(NPB)は、今年7月の「マイナビオールスターゲーム2017」でのチャリティーオークションの売り上げなど1955万2644円を、東日本大震災、熊本地震の被災地に寄付したと発表した。

 オークションは7月26日〜8月2日に開催。オールスターに出場した選手、監督、コーチ、審判員の計68人が着用したユニホームに直筆サインを入れて出品された。落札額のトップは、日本ハム・大谷の166万1000円。以下は広島・新井が158万1000円、広島・鈴木が100万2000円、阪神・鳥谷が91万1000円、広島・菊池が57万1000円だった。

 オークションは07年から実施。昨年は新井の290万1000円が最高額だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月25日のニュース