中日・森野 有終の全力疾走「悔いなく笑顔で終われて幸せ」

[ 2017年9月25日 05:30 ]

セ・リーグ   中日3-2広島 ( 2017年9月24日    ナゴヤD )

<中・広>ナインから胴上げされる森野
Photo By スポニチ

 中日の森野将彦内野手(39)が引退試合の今季本拠地最終戦に出場し、21年の選手生活に別れを告げた。7回に代打で登場。ボテボテの一ゴロでも全力疾走し「やり切ったという気持ち。悔いなく、笑顔で終われて幸せ」と晴れやかに話した。

 試合前、ナインは森野と同じ背番号7のTシャツで練習。藤井が9回にサヨナラ打を放つと、氷水を頭から浴びせた。チームメートの手で7度胴上げされた通算1581安打の好打者は、今後は打撃コーチとして球団に残る。「やらなきゃいけない。使命かなと思う」と意欲を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月25日のニュース