井口に聞く「みんなに感謝」「“絶対勝たせる”気持ちで戦ってくれた」

[ 2017年9月25日 07:47 ]

パ・リーグ   ロッテ4―3日本ハム ( 2017年9月24日    ZOZOマリン )

<ロ・日>ナインに胴上げされる井口
Photo By スポニチ

 【井口と一問一答】

 ――引退試合で本塁打。

 「今日はみんなの気持ちが入っていた。決して打とうと思って打っていない。1カ月ぶりの実戦で感覚としてはイマイチなところがあったが、日本ハムの3人の投手が真っ向勝負をしてくれた。大事なシーズン中に、感謝しています」

 ――選手全員が背番号「6」をつけ、試合中にはビジョンにメッセージが表示された。

 「ビックリしたし、各選手のメッセージを見て、ちょっとウルッときた」

 ――延長12回にサヨナラ勝ち。ベンチを出るとウオーターシャワーを浴びた。

 「清田と吉田ですね(笑い)。最後は一番頑張っている大地(鈴木)が打ってくれた。みんなに感謝です。最後の試合、みんなも“絶対に勝たせる”という気持ちで戦ってくれた。打たれた投手も“スミマセン”と言ってきて。一つになって勝っていたし、こうやってできる選手たち」

 ――守備には就かなかった。

 「今年1回も守っていないし、この展開で守るわけにはいかない。チームの勝ちが最優先。そこに貢献できたことは良かったと思います」

 ――21年間、モットーとしてきたことは。

 「目標や軸を持っていた。それが21年間しっかりできたと思う。これから次の目標を設定してやっていければ。ファンの方、サポートしていただいた方、全ての方に感謝して今日ユニホームを脱ぎます」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月25日のニュース