立大、開幕4連勝で単独首位も 連日の3失策に監督笑顔なし

[ 2017年9月25日 05:30 ]

東京六大学野球第3週第2日   立大6―4早大 ( 2017年9月24日    神宮 )

<立大・早大>1回2死一、二塁、中前適時打を放つ立大・飯迫
Photo By スポニチ

 東京六大学野球第3週第2日は2回戦2試合が行われ、春秋連覇を狙う立大が早大を6―4で下し、開幕から4連勝。勝ち点2とし、単独首位に立った。慶大と法大は9回規定により3―3で引き分け、25日に3回戦が行われる。

 立大は笑顔なき開幕4連勝となった。打線は13安打を放ったものの、3失策と守備が乱れ、溝口智成監督は「2日連続で失策3つずつ。負けなくて良かった。これを次に生かさないと勝っていけない」と厳しい口調だった。

 次節は勝ち点2で並ぶ明大と対戦。2回無失点と好救援した守護神の中川は「明治を2タテするのは難しい。もう一度倒す気持ちでいければ」と気を引き締めた。

 ▼早大加藤(開幕から5試合16打数無安打。4番打者は6回に代打を送られ)野球人生でこれだけ打てないのは初めて。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月25日のニュース