ロッテ井口 デビュー戦での満塁弾から21年…劇的最終戦

[ 2017年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―3日本ハム ( 2017年9月24日    ZOZOマリン )

<ロ・日>9回無死一塁、井口は中越えの同点2ランを放つ
Photo By スポニチ

 ロッテ井口が現役最終試合で本塁打。ダイエーでプロデビューした97年5月3日近鉄戦では3打席目に満塁本塁打。

 デビュー戦と現役最終試合で本塁打をマークしたのは最近では小野公誠(ヤ)が97年7月20日巨人戦でプロ初打席本塁打し、08年10月12日横浜戦の最終打席で本塁打した例がある。

 他に公式戦最終試合で本塁打を放ったのは83年堀内恒夫(巨)、86年山本浩二(広)、89年中畑清(巨)、91年田代富雄(大洋=満塁)、95年原辰徳(巨)、99年山本和範(近鉄)、13年小池正晃(D=2本)らがいる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月25日のニュース