清宮 面談に父・克幸氏同席へ「旅立ちという思いが強い」

[ 2017年9月25日 05:30 ]

プロ志望を表明した清宮幸太郎について報道陣の取材に応じる父でトップリーグ、ヤマハ発動機の清宮克幸監督
Photo By 共同

 プロ志望を表明した早実・清宮幸太郎内野手(18)の父でラグビー・トップリーグ、ヤマハ発動機の清宮克幸監督(50)が24日、大分市での試合後に取材に応じ、プロ志望届提出後に可能となる各球団との面談について「タイミングが合えば」と話し、同席する意向を示した。

 進学かプロか迷った末の長男の決断には「旅立ちという思いが強い」と感慨深げ。妻と3人で2度行ったという家族会議は議事録まで取る徹底ぶりで「結論ありきは良くない」と待ち、今月上旬にカナダでのU―18W杯から帰国後に告げられ「いいんじゃないか」と受け止めた。清宮監督自身は早大出身だが「本人の意思を尊重するという教育方針でやってきた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月25日のニュース