創部2年目の和歌山南陵、和歌山大会史上初の4者連続弾 

[ 2017年9月25日 05:30 ]

秋季和歌山大会1次予選   和歌山南陵7―4市和歌山 ( 2017年9月24日    紀三井寺 )

 秋の和歌山大会で珍しい大記録が生まれた。和歌山南陵が県内公式戦では史上初となる4者連続本塁打で市和歌山に逆転勝ち。2次予選進出を決めた。

 1点を追う8回にドラマは始まった。5回に右中間へ3ランを放った、先頭打者の1番・山崎が左翼へ同点弾。息を吹き返すと、後続も止まらない。2番・蔵屋が右翼へ勝ち越しの一発。3番・山田拓は右翼へ、4番・中山は左翼へ放り込むと、会場は異様な空気に包まれた。

 創部2年目のチームを率いるのは、オリックス2軍監督などを歴任した岡本哲司監督だ。指揮官は「4者連続は(プロも含めて)これまで見たことがない。どれも良いスイングだった。良いスイングじゃないと、4本は続かない。見応えがありましたね」と目を丸くした。今夏の和歌山大会2回戦で公式戦初勝利を収めたばかり。勢いを増す新鋭校が進撃を続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月25日のニュース