【大阪】大阪桐蔭・徳山 一塁ベース踏み忘れた…記録はレフトゴロ

[ 2017年7月18日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権大阪大会2回戦   大阪桐蔭14―1千里 ( 2017年7月17日    万博 )

<大阪桐蔭・千里>初回2死一塁、大阪桐蔭・徳山は一塁を踏み忘れレフトゴロに
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭(大阪)は千里に14―1で順当に5回コールド勝ちしたが、春夏甲子園連覇を狙う王者らしからぬ凡ミスが出た。

 初回に5点を先制し、なお2死一塁でエース徳山が左翼線二塁打を放ち、一塁走者も生還した。ところが、徳山は一塁ベースを踏み忘れており、記録はレフトゴロ。6点目は取り消された。本業では今夏初登板で3回を1安打無失点ながら「情けないです」と猛省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月18日のニュース