日本ハム・瀬川“北海道残留”で黙々自主トレ「できることしっかり」

[ 2016年12月11日 12:21 ]

札幌市内の室内練習場で自主トレ後、雪が降る中でファンにサインする日本ハム・瀬川(右端)
Photo By スポニチ

 日本ハムの瀬川隼郎投手(30)が11日、札幌市内の室内練習場で自主トレを実施。ランニングや短距離ダッシュなど精力的に汗を流した。

 12日に栗山監督、大谷、中田ら主力選手は優勝旅行先であるハワイに出発するが、今季は1軍でわずか1試合の登板に終わった左腕は日本に残留して自主トレや地元である北海道内のイベントに参加する予定。練習後には雪が降る中でファンへのサインにも応じ「オフは自分ができることをしっかりとやりたい。オフのイベントではファンの方々に楽しんでもらえたらうれしいです」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月11日のニュース