2軍本拠地では異例 ハム 鎌ケ谷に軍事用弾道測定器設置へ

[ 2016年12月11日 05:30 ]

 日本ハム2軍本拠地の鎌ケ谷スタジアムにデンマークのトラックマン社が開発した弾道測定器が設置される。

 元来は軍事用に開発されたレーダーシステムで大リーグでは全30球団が球場に設置。日本でも札幌ドーム、横浜スタジアムなど各球場で導入しているが、2軍では珍しい。吉村浩GMは「キャンプ中に設置して、来季から使えるようにします」と説明。投球については球速、回転数、回転軸など、打球は角度、飛距離などの分析が可能で、課題の把握や故障防止につなげることができる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月11日のニュース