右より左かも…広島・赤松 盗塁増へ左足親指を意識

[ 2016年12月11日 09:15 ]

 飯田とともに広島市内のアミューズメント施設でのトークショーに出演した広島の赤松が、盗塁増のカギが「左足親指」にあるとした。

 「スタートのときに(足の)親指は重要。これまで意識が低かった左親指の使い方を考えていきたい」。これまでは盗塁の一歩目の際に軸となる右足親指に意識を集中させてきたが、新たな試みをなす。今季は2年ぶりに2桁盗塁となる12盗塁をマークしたが、進化を止めるつもりはない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月11日のニュース