小笠原 ダル流食事トレ実践中 苦手な白米贈られ苦笑い

[ 2016年12月5日 05:30 ]

東海ラジオの公開録音に参加し、米一俵をもらい重そうな演技をする中日の小笠原(右)と横で笑う堂上
Photo By スポニチ

 愛知県安城市内で地元ラジオの公開録音に堂上と参加した中日・小笠原は白米が苦手なことを告白した。

 「JAあいち」のイベントで米1俵を贈られたが「白米は苦手」と言い「チャーハンやガーリックライスに手が行ってしまうんです」と苦笑いした。左肘手術明けの今オフは3食以外にも補助食品を摂取するなど食事の回数を増やすダルビッシュ流の食事トレを実践中。「長く(野球を)やっていくためには必要。質を良くしていきたい」と食事面の改善に意欲を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月5日のニュース