杉内 大谷仕様スパイクでローテ奪取だ「勝ち取っていく」

[ 2016年12月5日 05:30 ]

 右股関節手術からの復活を期す巨人の杉内が富山県内でトークショーを行い「今年は1試合も投げることができなかった。来年はローテーションに入りたい」。

 その足掛かりとしてアシックス社製のスパイクを改良し、靴底の後ろ部分のみだったクッションを全体に広げる。現在の約280グラムから20~30グラムは重いが股関節には優しくなる。投手では珍しく二刀流の日本ハム・大谷と同じ仕様だ。山口らの戦力補強で先発陣の競争は激しくなるが、「(先発の枠を)勝ち取っていくしかない」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月5日のニュース